東京電機大学 山本教授率いる空間デザイン研究室です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
大地の芸術祭~うつすいえ~

JUGEMテーマ:建築
 
更新が滞っております、4年斉藤です。
先日、小出地区の周辺住民の皆様のご配慮の下、夏祭りへのお誘いを受け行ってまいりました。

到着早々、神社の方から音楽が…



2、3年前からお誘いいただき、参加しているらしいのですが、
夏祭り初参戦の僕は、いつもは静かな小出地区の異様な気合の入り方に
少し戸惑いを感じておりました…(笑)

敷地を見渡すと、神社内にある灯篭には電大、共立の名前も。



住民の皆さんにとって部外者である僕達は、きっと多大なるご迷惑ばかりおかけしていたことでしょう。
それにもかかわらず、地域の皆様は電大山研、共立女子大堀ゼミを暖かく受け入れてくださり、
ものすごく感謝・感動しておりました。
これも大地の芸術祭が生んだ人と人との繋がりなんだなぁと実感しました。

終盤には太鼓の演奏をしていただいた後、即興のワークショップに参加させていただきました!



本当に地域の皆様の暖かさを実感する一夜でした。
小出地区の皆様ありがとうございました!!


さて、話は「うつすいえ」
きっと今回がトリエンナーレ会期中最後の訪問となるであろうということで、宿泊してきました。
そもそものテーマとして、セミナーハウスへの転用ということで、居心地を確かめる機会でもありました。

それぞれが思い思いの事を語らい、夜が更けていきました。


普段、神田キャンパスに多くいがちな僕には、
絶え間ない川の音や、惜しげもない流れ星、
生き生きとした草や古民家独特の木の匂い、ひんやりとした屋根裏の空気
何もかもが新鮮で、心休まる時間でした。

ただ!!
朝方の寒さたるもの、強烈で、皆かなり痛い目に遭っていました…(笑)


しかし、短期的に参加させていただいた「こへび隊」含め、
どれもこれも貴重な経験であって、素敵な時間でありました。



さて、一般公開の時間も残りわずかとなっております。
大地の芸術祭へお越しの方は、ぜひ作品番号131「うつすいえ」までお越しください。

[外部リンク]越後妻有アートトリエンナーレ大地の芸術祭:http://www.echigo-tsumari.jp/2009/index.html

トリエンナーレ / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yamalab.jugem.jp/trackback/12