東京電機大学 山本教授率いる空間デザイン研究室です。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
大地の芸術祭の建築たち
4年斉藤誠です。
先日、芸術祭の作業にて周辺の作品もいくつか見てきました。
そのときのご報告

設計:MVRDV まつだい雪国農耕文化村センター

大量の積雪があるこの地域ですが、ガラス面で視覚的に結ぶという考えに対し、雪の側圧をかわすために通路で持ち上げ、その通路が平面を分割し、ギャラリーやカフェになっているという構成です。山のように屋上に出ている鉄骨はコストの問題より発生したものだとか…



残念ながら内部に入ることはできませんでしたが
率直に言うと、浮いてます(形状も、周囲からも)
造形的にも面白いとは思いますが、ピロティ部分は柱で持ち上げた時の空間の質と大して変わらない印象でした。バスケコートももはや物置に…

農舞台

開いている時には色んな人が来てるのかなー
ともあれ、山間に実験的にでもこのような建築が建つことは建築家を目指す僕としては励みになります。



次回は手塚さん設計のキョロロを
トリエンナーレ / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://yamalab.jugem.jp/trackback/3